地震情報、番組の見過ぎに注意。

今日は富士山で地震。

天変地異か何なのか...地球? 日本の回りが動き出している。

昔からそれを繰り返してこの場所はココまで発展して出来上がったのか、

そしてそこに住む人達も対応しようと変化してきたのか。なんて思ってしまう。

 

この前の地震では、僕の家も惨事で大変でした。

いろいろ散乱していた中にテープがありまして、その懐かしいテープを聞いていたら

あぁいいなぁって言うのが流れて来たのでその曲を貼ります。

大抵、家に帰ってまずすることは音楽をつける。なんですが、最近は地震情報、原発大丈夫?

適度に情報をとらないといけない反面、見聞きしすぎると何が正しいか

自分にはどれが必要な情報なのか忘れてしまいます。

 

自分の状況下、個人の距離感で情報を得る事が一番良いと思います。

 

で、Wildheartsなんですが笑

なんだかジンジャーの哀愁というか出ている感じが良い、それにつきますね。

この曲はたしかカート・コバーンが死んだ次の日にレコーディングされて歌詞に

神様、俺はカート・コバーンが恋しいよ」って入ってます。

 

他の方からコピペしますが...

歌詞には色んなバンドやアルバムの名前が出てきて〜
リプレイスメンツ、ハスカー・デュー、ビートルズ、ストーンズ、ラモーンズ、ピストルズ、スターズ、ビッグ・ブラック、

クイーン、チープ・トリック、ジェ イソン&ザ・スコーチャーズ、ダムド、ハート、キッス、スティッフ・リトル・フィンガーズ、

ブルー・オイスター・カルト、といった感じ。

 

マニック・ストリート・プリーチャーズリッチー・ジェイムスが行方不明になった時は

カート・コバーンのところをリッチー・ジェイムスに変えて再録されましたみたいですね。

もう一回なんですが笑

始めの「here〜sitting in my room〜」なんだか懐かしくて

 

ストーンズラモーンズの韻と

ツーバース目スターズ!!ブラック!!アタック!!のリリックも耳に残る感じと

聞きやすいメロディで何だか優しいです。

ブラックミュージック聞いているとべースがスカスカに聞こえたりするから帰って静かに聞けて、

ソールを聞けばジャンルなんて全部同じかと。

 

少し地震情報に疲れたら

ビリー・ホリデイのGOD BLESS THE CHILD

 

Mamma may have

Papa may have

God bless the child

That's got his own

 

富める者はさらに富み

貧しき者はさらに貧する

聖書に書いてあるとおり

どんなときもそれが真理

ママが持っていようとも

パパが持っていようとも

神が祝福するのは

自ら恵みを持つ子供だけ

 

強い者はさらに強くなり

弱い者はただ消えていく

ポケットが空のままでは

良くなるハズがない

ママが持っていようとも

パパが持っていようとも

神が祝福するのは

自ら恵みを持つ子供だけ

 

お金があれば友だちも増える

誰もが家の戸口にやってくる

でも、お金がなくなったら

もう誰一人寄りつきもしない

 

お金持ちの親戚がいても

貰えるのはパンの切れ端

自分の面倒は自分で見て

でも、取りすぎぬように

ママが持っていようとも

パパが持っていようとも

神が祝福するのは

自ら恵みを持つ子供だけ

 

 

 

歌詞はコピペで。

 

自分が持っているもの大切に使って行こう。

 

 

pce

 

人気ブログランキングへ

HOMEへ⏎ / 前のページに戻る⏎