東北地方太平洋沖地震・緊急速報

信じられない規模だ。阪神淡路大震災を超えてくるのか。

情報、映像、数字に続く余震で若干疲れて来たが、今も頑張っている人たちがいるのだから知らなくてはいけない。

東北沖地震  コンビニ

ウィキペディアにももう出ていた。(以下コピペ)

 

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震[3][4][5](へいせい23ねんとうほくちほうたいへいようおきじしん The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake[6])は、2011年3月11日14時46分頃(現地時間)、太平洋三陸沖を震源として発生した地震である[7]。災害が発生した3月11日、気象庁が命名した[6]

気象庁発表によるM8.8は、地震の規模としては1923年関東大震災のM7.9を上回る日本国内観測史上最大[8]アメリカ地質調査所(USGS)のウェブサイトの情報によれば1900年以降、世界でも5番目のものとなった[9][10][11]東北地方を中心として大きな被害を出し、関東でも死者を出した。地震による被害の他、大津波や火災・原子力発電所の損傷などによって大きな被害が出ている。前日には前震と思われる現象が、本震の後には余震の他、東北各所、関東、中越地方長野県などで大型の地震が各所で発生した(どれが誘発地震でどれが偶然同時期に発生した地震であるかどうかは、識者によって見解が分かれている)。大津波は、北海道から四国の太平洋岸一体に警報が出されるなど、広範囲に渡って影響を与えた。

 

 

とあるが、まだ広範囲に渡って影響を与え続けている。

更なる被害に私たちも注意しなくてはいけない。

生存者には一刻も早く助かって欲しいと思うし、現地で活動している方達にも無事に頑張って欲しい。

 

今日は二、三年ぶりに会うメンバーで飲みに行くはずだったが、別の日にして

少しでも情報を得る手段になればと思い、ニュースなどを見ながら

このサイトにも情報をまとめたスペースを作っておきました。

お役にたてれば幸いです。

 

緊急東北地方太平洋沖地震情報(どうぞ、ご覧ください)

 

 

煙草を買いにコンビニへ、普段はもっと賑やかな土曜の夜だが

人も僅かですれ違ったのはタクシー二台。昨日が異常すぎたのかもしれない。

節電しているのかマンションやビルの電気も普段よりついていない気がした。

 

なにより、昨夜帰宅できなかった人達や不安で眠れなかった人達が多いからだろう。

 

あいにくコンビニは二軒何もなかった。。

ガソリンスタンドもダメとメールが来た。

三件目に不人気かアンパンと蒸しパンが一つずつあったから買って来た。

ちなみにカップラーメンは三軒で蒙古タンメンの3つのみ。

いつものベンチで珈琲を飲みながら見る、曲がったらしい東京タワーが

なんだか暖かく思えた。

 

家に戻るとハンパじゃない映像と情報に、数字は膨れ上がるばかり。

原子力、被ばく、ガソリン、電力、水、水没、チェーンメール、余震、津波、放射能、行方不明、避難所...

勘弁して欲しい。

伝える人達と現地の人達、がんばれ。

それにつきた。

 

想像絶する恐怖と悲しみを前に、

経験した事ない自分が発言するのは意味がないかもしれない。

二次災害・二次被害に気をつけて、見守ろう。

 

 

たぶん、どこで何をしている人達も

目の前をがんばるしかない。

僕がコレを書いてどうかと思うが、

本当に心から哀悼の意を表します。

 

 

blogram投票ボタン