花粉症対策。と言うか、どうにかならないの?治るの?

世界各国の中でもスギ花粉症が見られる国は日本だけというのは驚きの事実でもあります。

ではどうして日本だけがスギ花粉症が多いのでしょうか?

 

これは知っておいた方がいい。

 

その原因は、戦後山村の復興事業としてスタートしたスギの大量植林にあるといわれています。

昭和20年代後半から、建築材確保の目的で植えられたスギが、建築材の変化とともに需要が激減し、いまでは、手入れすらほとんどされていない状態となっており、そのスギが成長し花粉を飛ばすようになってしまったのです。

海外での花粉症

 

どれだけ確保しようと誰がしたのか...将来のためが今やコレ。。

花粉症

ついにこの季節がやって来ました。自然が好きなのに。

 

片思い?と思わせる、花粉症さん。

マスク族じゃない人がどれだけうらやましいか...

自分の花粉症はちょっとやそっとじゃ負ける気がしないくらいひどい症状で、

今回更新するに至りました。

花粉症被害者の方々、花粉に負けないよう春を乗り切りましょう!!

ココからコピペ引用を混ぜつつです。(最強の花粉症対策)

 

ちなみに関東地方では、
・2月〜4月はスギ花粉、
・4月〜5月はヒノキ花粉、
・6月〜8月はイネ科花粉、
・8月〜10月はブタクサ花粉
が主として飛散してます。

 

もちろん検査によるとほぼスギ花粉。もう、かれこれ15年近く毎年連れ添っています。

苦手意識は無いが、杉を見るとたまらない。高校の頃、集中的に治そうと病院通いに乗り出したが失敗。

ハウスダストも持っています。ゴールデンウィークが毎年、マスクとお別れする目安です。

以上が自分のプロフィール。酒が好きですがこの季節は、気がかりで仕方ない。

落ち着いて飲める気がしないのです。

花粉症対策

最近、寝起きが酷くて顔面クシュクシュのティッシュみたいで...

頭からシャワーで5〜10分お湯をかけるともとに戻ります苦笑

 

で僕の話しはこれくらいで...

結局、歳とってからも花粉症にある日突然なる可能性がある。

とか聞くわりには、あまりある日突然治ると言う事はあまり耳に届きません...

 

花粉症は、いちどなってしまうと、ほとんど治らないとされる病気なのです。(ビギナーための花粉症講座) 

 

らしいですね。いつか治ると言う想いが大切かもしれませんね。

自然にアレルギー起こされて、自然に治す。ある種、自然治癒療法的な。

薬も和らげるもので治すものではないので、無理に不自然を体内に受け入れるのも毎日大変です。

花粉の多い日と多い時間帯を避けて行動するようになりますね。

サマータイムならぬ花粉タイムです。夜、安心します。

ちなみに花粉の多い日は


・天気が良く暖かい日
・風が強い日
・雨が降った日の翌日(晴れた場合)

花粉の多い時間帯は
・「正午から午後2時前後」と「午後4時〜6時ぐらい」

 

武田製薬の『2011年花粉特集』心強いタイトルです。

花粉散飛

結局、自己流の花粉対策でコレはイイッ!!

って言うのに辿り着き自己満で楽しむのが前向きですかね笑(くしゃみのかけ声を変えてみたり...)

 

花粉症が絶対治る薬、治療方法を考え出したら

この国では億万長者です、間違えなく歴史的発明ですね。

どれだけの人が辛さから解放されるのか...

国の政策でこんなに花粉症が多いのですから、杉を減らせないものですかね。。

 

花粉症はこの時期完全にいろんな面においてハンデを背負う事になってしまうのですから。

鼻たらさぬよう、気を引き締めて頑張りましょう。

 

 

gooヘルスケア『花粉症特集

 

最後にワールドニュースクリップさんのこの記事が面白いです。ご参考までに。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サブカルチャー論へ

HOMEへ⏎ / 前のページに戻る⏎